Products

FlexIrの製品情報

FlexIrとは

FlexIrは、東北大学 金属材料研究所 吉川教授との共同研究により実用化された、柔軟なイリジウムおよびイリジウム合金線です。
イリジウムは高い融点(~2447℃)と、王水にも溶けない化学的安定性を有し、半導体製造装置やスパークプラグ、超高温用熱電対などに幅広く応用されていますが、従来は自由に曲げ加工出来ない「脆さ」が問題となっていました。
通常、金属線材の成形は、塑性加工と熱処理によって結晶粒を細かくするように行われますが、イリジウムは加工中に結晶粒界を起点に割れてしまいやすいという性質を持っています。そこでFlexIrは、マイクロ引下げ法(μ-PD法)と呼ばれる単結晶育成法によって、結晶粒界をほとんど含まない線材から製造されています。
FlexIrは線材中に結晶粒界をほとんど含まないため柔らかく、コイリング等の加工が容易です。
また、再結晶が発生しない低い加工度であれば、アニールによって特性を回復させることが可能です。



Ir合金線の壁面観察弊社の単結晶Ir合金線

イリジウムに限らず、白金やルテニウムといった貴金属合金線材の新規開発についても承っております。

キーワード

マイクロ引き下げ炉

関連動画

内容に関するお問い合わせ

株式会社 C&A
〒 980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1-16-23
TEL: +81-22-796-2117
E-mail : info@c-and-a.jp

前のページに戻る トップページへ